芥川賞

読書紹介

【読書感想】ブラックボックス

第166回(2021年下半期)芥川賞受賞、砂川文次さん著の作品です。著者の砂川文次さんは1990年に大阪で生まれ、神奈川大学卒業後、自衛官を経て、都内で区役所勤務をされているようです。2016年、「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞しています。
読書紹介

【読書感想】貝に続く場所にて

石沢 麻依さん著、第64回群像新人文学賞受賞のデビュー作にして、第165回(2021年上半期)芥川賞受賞です。作者の石沢麻依さんは、1980年、宮城県生まれで、現在はドイツに在住です。コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。
読書紹介

【読書感想】彼岸花が咲く島

第165回(2021年上半期)芥川賞受賞、李琴峰(り ことみ)さん著の作品です。作者の李さんは、台湾出身で、日本語は15歳から学び始めたという変わった経歴をお持ちの才媛です。ー 記憶を失くした少女が流れ着いたのは、ノロが統治し、男女が違う言葉を学ぶ島だった――。不思議な世界、読む愉楽に満ちた中編小説。
読書紹介

【読書感想】推し、燃ゆ

宇佐美りんさん著の第164回(2020年下半期)芥川賞受賞作にして2021年本屋大賞ノミネート作品です。直木賞受賞作やノミネート作品が本屋大賞にノミネートされることは珍しくありませんが、芥川賞受賞作がノミネートされるのは珍しいのではないでしょうか。
読書紹介

【読書感想】首里の馬

第163回(2020年上半期)芥川賞受賞、高山羽根子さん著の作品です。首里城の火事は本作の執筆中に起きた出来事で、そのことと本作はまったく関係ありません。主要なテーマは、沖縄の歴史の伝承です。とても不思議な世界観ですが、芥川賞にふさわしい力作だと思います。
2020.10.08
読書紹介

【読書感想】破局

私を阻むものは、私自身にほかならない――ラグビー、筋トレ、恋とセックス。ふたりの女を行き来する、いびつなキャンパスライフ。ー遠野遥さん著作、第163回(2020年上半期)芥川龍之介賞受賞作です。1991年生まれの遠野遥さんは、平成生まれで初めての芥川賞受賞者となります。
2021.07.21
読書紹介

【読書感想】背高泡立草

この小説は文体も内容もかなり難解な作品ではないかと思います。文章の言い回しもさることながら、何も考えずに読み進めていくと、流れからは一見無関係な話が突如出てきて戸惑ったり、主語が誰のものなのかわかりづらくて暫く考えたりする羽目に陥ります。
2020.10.08
読書紹介

【読書感想】1R1分34秒

こちらも本年度(2019年第160回)の芥川賞受賞作、町屋良平さんの著作です。タイトルの1Rはボクシングの1ラウンドを指しています。 スポーツに疎い方以外はご存知と思いますが、プロボクシングは通常1ラウンド3分、それが終わると1分の休...
スポンサーリンク