直木賞

読書紹介

【読書感想】テスカトリポカ

第165回(2021年上半期)直木賞と第34回 山本周五郎賞をW受賞した、佐藤究さん著作のハードボイルド系、クライムノベルです。一般人には窺い知ることの出来ない裏社会を描いた作品。暴力シーンが満載ですが、直木賞史に残る傑作だろうと思います。
2022.03.09
読書紹介

【読書感想】少年と犬

馳星周さん著、2020年度上半期直木賞受賞作品です。内容はいくつかの章に分かれていますが、初出は「オール讀物」2017年10月号の「少年と犬」、それから「男と犬」、「泥棒と犬」、「夫婦と犬」、「娼婦と犬」、そして最期に2020年1月号の、[老人と犬」という順番になっています。
読書紹介

【読書感想】宝島

真藤順丈著作第160回直木賞受賞。戦後の沖縄を舞台に、戦果アギヤーの英雄オンちゃんを慕う親友グスクとオンちゃんの実弟レイ、オンちゃんを恋い慕う女性ヤマコという3人の幼馴染みが主人公の物語。キャンプ嘉手納襲撃から行方不明になったオンちゃんを探す壮大な謎解きとミステリー。
2020.03.11
スポンサーリンク