『このミステリーがすごい!』大賞

読書紹介

【読書感想】元彼の遺言状

第19回(2021年)『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した、新川帆立さん著の作品。「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」奇妙な遺言状を残して、大手製薬会社の御曹司・森川栄治が亡くなった。学生時代に彼と三ヶ月だけ交際していた弁護士の剣持麗子は、犯人候補に名乗り出た栄治の友人の代理人として、森川家主催の「犯人選考会」に参加することとなった。数百億円ともいわれる遺産の分け前を獲得すべく、麗子は自らの依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走する。
スポンサーリンク