monomi

読書紹介

【読書感想】正欲

2022年本屋大賞第4位、第34回柴田錬三郎賞を受賞した朝井リョウさん著作の小説です。2009年に『霧島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞して作家デビューしたのち、2013年に『何者』で第148回直木賞を受賞されています。
読書紹介

【読書感想】スモールワールズ

2022年本屋大賞第3位、一穂ミチさん著作の短編6編を収めた連作短編集です。著者の一穂ミチさんは、同人誌活動を経て2008年に商業デビュー、BL小説界をメインに活躍し、会社員としても働いている兼業作家さんのようです。本作『スモールワールズ』は第165回直木三十五賞候補、さらに第43回吉川英治文学新人賞を受賞しています。
読書紹介

【読書感想】夜が明ける

2022年本屋大賞第6位、西加奈子さん著作の小説です。作者の西加奈子さんは、1977(昭和52)年、イランのテヘラン生れ。イラン革命が起きた2歳のときに一旦帰国後、エジプトのカイロ、大阪で育ちました。2015年、『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞、同年第12回本屋大賞2位に選出されています。
読書紹介

【読書感想】残月記

2022年本屋大賞第7位、小田雅久仁さん著作のSF小説です。タイトルの「残月記」の他、「そして月がふりかえる」と「月景石」の短編2作が収録されています。表題作の「残月記」はその他の短編2作のおよそ2倍のボリュームがある中編になっています。それぞれ「月」がテーマで、すべて異次元の話しになっていますが、テイストはそれぞれ違っています。
読書紹介

【読書感想】ブラックボックス

第166回(2021年下半期)芥川賞受賞、砂川文次さん著の作品です。著者の砂川文次さんは1990年に大阪で生まれ、神奈川大学卒業後、自衛官を経て、都内で区役所勤務をされているようです。2016年、「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞しています。
映画レビュー

【映画レビュー】タワーリング・インフェルノ

アメリカの超高層ビル火災をテーマにしたパニック映画で、第47回アカデミー賞の撮影賞・編集賞・歌曲賞を受賞、その他にも多数ノミネートされています。スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマンの2大スターを主演に、ウィリアム・ホールデンやフェイ・ダナウェイなどを始めとした名優も多数出演しています。
エンターテインメント

『ebookjapan』注目度ランキングトップ20!2022年5月25日版

今月も『ebookjapan』で新規申込み数が多い漫画をご紹介させていただきます。『eBookJapan』は、取り扱い冊数がマンガを中心に65万冊を超える、国内最大級の電子書籍販売サービスで、常時2,800冊を超える無料のマンガが楽しめます。
エンターテインメント

『ebookjapan』注目度ランキングトップ20!2022年4月15日版

今月も『ebookjapan』で新規申込み数が多い漫画をご紹介させていただきます。『eBookJapan』は、取り扱い冊数がマンガを中心に65万冊を超える、国内最大級の電子書籍販売サービスで、常時2,800冊を超える無料のマンガが楽しめます。
読書紹介

【読書感想】赤と青とエスキース

2022年本屋大賞第2位に選出された、青山美智子さんの著作です。著者の青山美智子さんは、昨年度も『お探し物は図書室まで』で、本屋大賞2位に選ばれています。今回雪辱はなりませんでしたが、それでも日本中の作家が対象となり、数多くの名作が鎬を削る本屋大賞において、2年続けて本屋大賞の2位を獲得出来たというのは、凄いことではないでしょうか。
エンターテインメント

『ebookjapan』注目度ランキングトップ20!2022年3月3日版

『ebookjapan』で新規成約数が多い漫画のご紹介です。 1. 鬼滅の刃 2. ミステリと言う勿れ 3. 東京卍リベンジャーズ 4. 呪術廻戦 5. はじまらない結婚 6. 倦怠期~結婚3年目。夫婦愛の賞味期限~
スポンサーリンク