monomi

読書紹介

【読書感想】水車小屋のネネ

2024年本屋大賞第2位、津村記久子さん著作の長編小説で毎日新聞夕刊で連載されていた小説です。著者の津村記久子さんは、2009年「ポトスライムの舟」で第140回芥川賞受賞、本書『水車小屋のネネ』では第59回谷崎潤一郎賞を受賞しています。
読書紹介

『ebookjapan』注目度ランキングトップ20!2024年5月29日版

今月も『ebookjapan』で新規申込み数が多い漫画をご紹介させていただきます。『eBookJapan』は、取り扱い冊数がマンガを中心に100万冊を超える、国内最大級の電子書籍販売サービスで、常時18,000冊を超える無料のマンガが楽しめます。
読書紹介

【読書感想】黄色い家

2024年本屋大賞第6位、川上未映子さん著作の長編小説です。著者の川上未映子さんは1976年大阪府生まれ。2008年『乳と卵』で芥川賞受賞。2010年『ヘヴン』で 第60回芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞をはじめ数々の賞を受賞されています。
読書紹介

【読書感想】スピノザの診察室

2024年本屋大賞第四位、夏川草介さん著作の医療小説です。著者の夏川草介さんは1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒業。⻑野県にて地域医療に従事。2009年『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。同書は2010年本屋大賞第2位となり、嵐の櫻井翔さん主演で映画化、福士蒼汰さん主演でドラマ化もされています。
読書紹介

【読書感想】君が手にするはずだった黄金について

2024年本屋大賞第10位、小川哲さん著作の自伝的連作短編小説です。作者の小川哲さんは、2022年刊行の『地図と拳』で第168回直木三十五賞を受賞されており、同年刊行の『君のクイズ』は2023年本屋大賞第6位にも選ばれています。
読書紹介

【読書感想】リカバリー・カバヒコ

2024年本屋大賞第7位、青山美智子さん著作の連作短編小説です。2021年『お探し物は図書室まで』が本屋大賞第2位。22年『赤と青とエスキース』が同じく本屋大賞第2位。23年『月の立つ林で』が本屋大賞第5位と今年で4年連続で本屋大賞ノミネートです。
読書紹介

【読書感想】レーエンデ国物語

2024年本屋大賞第5位、田崎礼さん著の壮大なファンタジー小説です。このレーエンデ国物語 は全5巻で、2巻は『月と太陽』、3巻は『喝采か沈黙か』。さらに4巻『夜明け前』が先日発売され、最終巻『海へ』と続くとのことです。
読書紹介

【読書感想】成瀬は天下を取りにいく

2024年本屋大賞受賞、宮島 未奈さん著作の小説です。宮島未奈さんは滋賀県大津市在住。京都大学文学部卒。2021年「ありがとう西武大津店」で第20回「女による女のためのR-18文学賞」受賞。今回初の単行本化で本屋大賞受賞の快挙を成し遂げました。
読書紹介

【読書感想】放課後ミステリクラブ 1金魚の泳ぐプール事件

2024年本屋大賞ノミネート、知念実希人さん著の子供向け推理小説です。著者の知念実希人さんは本屋大賞の常連作家さんであるとともに、お医者さんでもあります。私がこの本屋大賞の感想を書き始めてからも、「ムゲンのi」「硝子の塔の殺人」で本屋大賞にノミネートされています。
読書紹介

【読書感想】爆弾

2023年本屋大賞第4位、また、『このミステリーがすごい! 2023年版』国内篇(宝島社)、『ミステリが読みたい! 2023年版』国内篇ともに第1位、そして第167回(2022年上半期)直木賞候補作に選ばれた、呉勝浩さん著作のミステリー小説です。
スポンサーリンク