Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞

読書紹介

【読書感想】女帝 小池百合子

ノンフィクション作家石井妙子さん著のYahoo!ニュース|本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞ノミネート作品です。言わずとしれた現東京都知事小池百合子氏について書かれたドキュメントです。特に難しい言葉も使っておらず、非常に平易な文章なのでボリュームはたっぷりですが楽に読むことが出来ます。
2021.02.13
読書紹介

【読書感想】ワイルドサイドをほっつき歩け ーハマータウンのおっさんたちー

Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞候補だったブレイディみかこさん著作のノンフィクションです。著者のブレイディみかこさんは、「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」で、前年度のノンフィクフォン本大賞を受賞しています。
読書紹介

【読書感想】聖なるズー

2020年Yahoo!ニュース | 本屋大賞 ノンフィクション本大賞にノミネートされた濱野ちひろさん原作のノンフィクションです。残念ながらノンフィクション本大賞には選ばれませんでしたが、本作は第17回開高健ノンフィクション賞を受賞しています。
読書紹介

【読書感想】つけびの村

2013年の夏、わずか12人が暮らす山口県の集落で、一夜にして5人の村人が殺害された。犯人の家に貼られた川柳は〈戦慄の犯行予告〉として世間を騒がせたが……それらはすべて〈うわさ話〉に過ぎなかった。本屋大賞 ノンフィクション本大賞にノミネートされた高橋ユキさん著の作品です。
読書紹介

【読書感想】エンド・オブ・ライフ

ノンフィクション作家佐々涼子さん著作の、2020年「Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞」受賞作品です。エンド・オブ・ライフという英語のカタカナ表記ですが、直訳すれば「人生の終わり」ですが、これは人の終末医療、その中でも特に在宅によって最後を迎える人達や家族、医療関係者の看取りの物語です。
2020.12.21
スポンサーリンク